赤ちゃんはママの栄養から産まれる!!


今私は、妊婦や赤ちゃんが 栄養学的に危機的状況 にあると感じています。

それは臨床で接する若い女性の食生活からみても明らかで、この先の子供達はどうなってしまうのだろうと、少し不安になる時すらあります。またそれが近年の不妊症患者の増加にもつながっていることは言うまでもありません。

今の世の中は、土地がやせて食材の栄養価は低下し、環境汚染やストレスの増大が栄養不足に拍車を掛けています。

みなさん、自分の食生活を振り返ってみてください。

加工品や精製された食べ物に囲まれて、しっかりとした栄養が摂れているといえるでしょうか? また家庭環境によっては、妊娠中、ときには出産後にも、ほかに頼れる人がなく、ひとりで食事に関わっていかなければいけない人もいます。なかにはフルタイムの仕事をもって、妊娠・育児にたずさわっている人もいるでしょう。

こうした生活背景を考えると、母体の健康や赤ちゃんの発育を支えてくれる「栄養」を、きちんと満足いくものにするには、大分心もとない感じがします。 そういった現代の女性にとって「サプリメント」は、正しい知識を持って摂取すれば、どれほど強い味方になってくれるでしょう。

赤ちゃんのカラダを作るのは栄養素の力

胎児の、そして乳幼児のカラダのひとつひとつの細胞を作るのは、栄養素の力 です。

なかでも胎児の驚異的な発育はすべて、胎盤を介して、母体の血液 から供給される栄養によってのみ、行われています。わずか数μgの卵子が、40週を経て3000gにもなるのですから、人間の身体の神秘に感動せざるをえません。

そして母親の健康状態、そして栄養状態が胎児に関わるのは言うまでもありません。 まっさらなところから、ひとつひとつの細胞、命を作り上げていく時にこそ、過不足のない栄養を整えてあげることがいかに大切で、すばらしい可能性を秘めているか。

日本では 先天異常の赤ちゃん が多いのはご存じでしょうか?

その発生頻度は出生1000人に対し、遺伝病11人、染色体異常4人、その他先天奇形25人、合計40人ほどの発生頻度ともいわれています。 なぜそうした異常起こるのかという問題については、もちろん遺伝を含めた様々な要因がありますが、そこに 栄養の問題 が少なからず関わっているのは確かでしょう。

タバコお酒を飲むなど、誰もが知っているタブーはもちろんのこと、ビタミンやミネラルといった栄養素が必要量、適切な時期にしっかり摂れているかどうかということが、実は母胎と胎児にとって、計り知れない影響力を持っているということをみなさんあまり気にしたことがないのではないでしょうか。

これは母親に限らず、私たち全員にとって言えることですが、食べるということをごく当たり前のこととしていて、身体への機能や作用について深く考えることなどないでしょう。

私自身も以前は、お菓子やインスタント食品は食べないまでも、栄養のバランスまであまり考えたことはありませんでした。

しかし、現代食による栄養素のバランスの乱れの影響が、ここにきて生活習慣病の増加という結果で表面化してきたこと、そしてこれからそれはさらに悪化していくだろうということが予想されます。

なかでも、その影響はお母さんから生まれてくる次世代の子供にまで影響してくるわけですから大問題ですよね。

女性にとっての妊娠や出産の時期、そして生まれてからの幼少時期は、人生の中でももっとも生命の感受性の高いときです。

たったひとつの栄養素の不足により、取り返しのつかない大きなダメージを受けることすらあるのです。

元気な子供を産むこと

たとえ目につくような明らかな異常はなくとも、良い栄養をもらえなかった胎児や乳児は、上等な細胞とは程遠い細胞しか作れず、それがあとでアダになることもあります。

逆に良い栄養をあげることができれば、生命の可能性を最大限まで広げてあげることもできます。

頭の良い子供、集中力のある子供、好奇心旺盛

子供、元気で丈夫な子供、明るく素直な子供。

もちろんそれが全てではないのですが、脳を作るのも、神経細胞を育てるのも、免疫力を培うのも全て栄養素にかかっているので、栄養によってとても元気な良い子にできると言っても過言ではないのです。

そしてこの栄養の話は、もちろん赤ちゃんだけでなく、その赤ちゃんを生む女性にとっても大事なことになります。 普段はあまり意識しないかもしれませんが、私たちの身体を形づくっているのは、食べ物から得られる栄養 です。

そして妊娠とは女性が体内に新しい命を宿すことを意味し、そこにも栄養が必要なのですね。赤ちゃんが宿る子宮も例外ではありません。赤ちゃんにとって居心地の良い環境を整えるのも栄養の力なのです。

またそれ以外にも、食事からとる栄養は、ホルモンバランスとも深く関わってきます。

ホルモンの原料は、食事からつくられているので、栄養が足りない状態では、ホルモンバランスもくずれ、妊娠はもちろん、月経不順、月経前症候群になったり、生理がきても無排卵だったりといったことにもなりかねません。

栄養のバランスを摂ることで、長年不妊だったという人が妊娠したりということもたくさんあります。

また妊娠前だけでなく、妊娠中から出産後も栄養を考えるだけで、快適なマタニティライフや育児ライフを送ることもできるのです。

実は最近、妊婦にとって、そして赤ちゃんにとって当たり前だと思われてきた「つわり」

「妊娠中のイライラ」「夜泣き」などが、場合によっては 栄養の不足アンバランス によって起こっているのではないかと考えられてくるようになったのです。

「つわり」や「夜泣き」は辛いもの。そんな辛い生活を経験する前に、その対処法を知れるあなたはとてもラッキーなのではないでしょうか。

妊娠したら、つわりや貧血、腰痛などの辛い症状があって、出産では痛みに耐えて、産後は疲労困憊というイメージがあるかもしれませんが、しっかり栄養をとっている妊婦さんは、つわりもほとんどなく、妊娠生活を元気に快適に過ごす事ができるようになります。 またそういった妊婦さんは体力があるので出産も比較的楽にすみ、産後の体調がいいので、母乳もたくさん出て、育児も楽しめると良いことづくし。

すごいんです。栄養。

妊娠を考えた時から、是非栄養や食事について考えてみましょう。 食べ方を見直すだけで、妊娠出来る体質変わっていくのはもちろんのこと、産前産後を快適に乗り切れるということなのです。

小菅 一憲

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#栄養

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA