若い女性がなりやすい「子宮腺筋症」とは


みなさん、こんにちは。

小菅美保です。

前回のブログでもお話しましたが、私は子供ができにくくなるような「子宮腺筋症」の疑いがあったので、今回はそのことついてお話しようと思います。

前回のブログはこちら↓↓

子供ができずいろいろ悩んだことも・・・

March 10, 2020

写真をクリックしてください

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症は、子宮内膜 が子宮の中の筋肉層に入り込んで増殖してしまう病気のこと。

子宮内膜症は子宮外のいろいろな組織で増殖してしまうのに対して、子宮腺筋症は子宮の中だけで増殖してしまう病気です。

どのような症状が出るのかというと、最も多い自覚症状は 激しい生理痛。 生理時になると腰や下腹部に激しい痛みを引き起こし、進行すると生理時以外にも痛みが出てきます。

その他の症状としては、過多月経や過多月経による貧血などの症状があります。

私の場合は生理痛はほとんどなく、あったとしても下腹部が重たくなる程度でした。

痛み止めも飲んでいなかったので、クリニックの先生は私が子宮腺筋症であると断定しなかったのだと思います。

また、子宮腺筋症の症状が見られる部分は着床しにくくなり 不妊 につながってしまいます。

範囲が広くなるほど不妊の率を高めてしまうため、早い段階で気がつく事がカギですね。

なりやすい年齢は、一番結婚が多い 20代後半〜30代後半 に多いので、なおさら不妊になる確率も高くなるわけです。

どのように治していくのかと言うと、ホルモン剤を使用し強制的に生理を止めてしまい閉経状態にする

ホルモン療法 子宮の摘出 手術。

ホルモン療法は、ホルモン剤を使用する事であえてホルモンバランスを崩し子宮内膜の肥大と、繊維化を抑える方法で、この方法はまだ出産を望む20代〜30代の女性によく行われます。

出産を望まない40代以降の女性には子宮摘出の手術を行うことが一般的だそうです。

私の個人的な意見としては・・・以前子宮を摘出した方が、逆に体調不良になった事を聞いた事があったので、そこまでする必要はないのかなと思います。

子宮腺筋症になる原因をいろいろと調べてみましたが、原因はわかっていないというのがほとんどでした。 でも、私は 環境ホルモン や日々の 食生活 など関係していると思っています。

この事については、追々お話しようと思うので是非楽しみにしていて下さいね。

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|国際基準カイロプラクティック

当院は、どこに行っても良くならなかった症状で悩む方がたくさんご来院されています。

低血糖症

慢性疲労

食物アレルギー

リーキーガット症候群

甲状腺機能低下症

腹部膨満感

過敏性大腸炎

逆流性食道炎

うつ病

不妊症

自閉症・発達障害

などなど・・・

こういった症状では、本当に長い間辛い思いをされている方が多いと思います。

カイロプラティカでは、みなさまに笑顔になってもらいたい一心で、

いつでも温かく親身な施術とカウンセリングを心がけております。

どんな症状でも一度ご相談くださいませ。

施術・カウンセリングのご予約

03−6809−6155

Web予約 は 左の写真をクリック

CHIROPRATICA|国際基準カイロプラクティック

住所: 〒106-0045 

    東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

営業: 火曜・水曜・木曜 10:00〜20:00(最終受付19:00)

    金曜       13:00〜20:00(最終受付19:00)

    土曜       10:00〜18:00(最終受付17:00)

定休: 日曜・月曜

#マタニティー

関連記事

すべて表示
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA