大切な必須脂肪酸ω3とω6のバランス


オメガ3とオメガ6の油|副腎疲労HP

健康に詳しい人なら、オメガ3の油のことは話に聞いたりするのではないでしょうか? 今日はそのオメガ3オメガ6の油についてのお話です。

ω3とω6の油とは?

動物性脂に対して、おもに菜種やコーン、紅花、亜麻などの植物性の油に多く含まれる脂肪酸を

「不飽和脂肪酸」

と言います。

これは炭素が連なった鎖に水素がところどころ抜け落ちて「穴」ができている構造から、「水素が飽和していない脂肪酸」という意味です。

前回もお話しましたが、不飽和脂肪酸は、その構造上、2つのグループに分けられます。

水素の穴がひとつだけあるものを・・・「一価不飽和脂肪酸」

水素の穴が複数あるものを・・・「多価不飽和脂肪酸」

といいます。

オリーブオイルに多く含まれる「一価不飽和脂肪酸」に対し、「多価不飽和脂肪酸」には2種類あり、炭素の鎖の先頭(カルボキシル基)から数えて番目の炭素に水素の穴があいているものを「オメガ6」、番目に水素の穴があいているものを「オメガ3」といいます。

オメガ6の中で、一番知られているのが「リノール酸」です。

リノール酸は、不飽和脂肪酸の中の一つで、紅花(サフラワー)油やサラダ油、ひまわり油、コーン油、ゴマ油、綿実油に豊富に含まれています。 一般的に家庭で使われている油の多くがこの「リノール酸である」ということがおわかり頂けるでしょうか?

その他、フライドポテトやスパゲティ、カップラーメン、スナック菓子、ドーナツ、カレーライス、天ぷら、ドレッシング、マヨネーズなど、ありとあらゆる加工食品に利用されています。

一方、オメガ3の代表となる脂肪酸が、サバやイワシなどの青背の魚に多い「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」、そして亜麻仁油やシソ油に多い「α―リノレン酸」です。

ω3とω6の相反する働き

オメガ6とオメガ3は、どちらも細胞膜の材料になることは共通していますが、オメガ6は主にアラキドン酸、オメガ3は主にEPAという物質に転化した形で細胞膜を構成していきます。

おもしろいのは、オメガ6とオメガ3がまったく正反対の働きをすること。オメガ6は細胞膜を硬くするのに対し、オメガ3は柔らかくするのです。

細胞膜は、細胞内に酸素や栄養素を取り込んだり、細胞内で発生した老廃物を排出したり、細胞同士の情報を伝達したり、有害物質の侵入を防止するなど、私たちが生きるうえで基礎となる大切な機能を持っています。

もしもオメガに偏った食事をすれば、細胞が硬くなり、動きに柔軟性がなくなって栄養素や老廃物などのやりとりがスムーズに行われにくくなるかもしれません。

逆にオメガばかり摂っていれば(現代ではあまりあり得ないですが・・・)、細胞膜に張りがなくなるかもしれません。

要は、両者のバランスがうまく取れて補い合っている状態がベストと言えますね^^。

またその他にもこのオメガ6とオメガ3の相反する働きがあります。

これが一番注目するべきところなのですが、オメガ6とオメガ3からそれぞれつくられる

エイコサノイドが相反する作用をすることです。

エイコサノイドとは、限られた部分でホルモンのようにさまざまな体内機能に作用することから

「局所ホルモン」とも呼ばれていますが、トロンボキサンプロスタグランジンロイコトリエンといったいくつかの種類があります。

たとえば、転んで出血が起こるとオメガ6、アラキドン酸由来のトロンボキサンが増え、血液を固めて止血しようとします。また、血栓ができそうになると、今度はオメガ3、EPA由来のトロンボキサンが作られて血液を流れやすい状態にします。

またアラキドン酸由来のプロスタグランジンは炎症を促進しますが、EPA由来のプロスタグランジンは炎症を抑える働きがあります。

そして、アラキドン酸由来のロイコトリエンは気管を収縮するのに対し、EPA由来は弛緩することになります。

一般に、オメガ6とオメガ3の理想バランスは

「4対1」

が適切であると言われています。

しかし、現代人のほとんどが、オメガ6とオメガ3の食事バランスが10対1、あるいは50対1という、とんでもない比率になっており、これこそが様々な現代病を引き起こす大きな問題となっているのです。

たとえば、現代人にアレルギーが多くなってきたのも、オメガ6の摂り過ぎで炎症反応が過剰に起こるようになったからでしょう。 またオメガ6のリノール酸が増えすぎると、脳梗塞心筋梗塞のリスクを高めると言われています。

これはリノール酸が増えて、体内のアラキドン酸由来のエイコサノイドが増えることと関係しています。

アラキドン酸由来のエイコサノイドのひとつであるトロンボキサンは、血液を凝集する働きがあるため、血液がドロドロになります。このため、血栓ができやすくなってしまうわけです。

脳梗塞や心筋梗塞以外にも、高血圧狭心症喘息リウマチといった慢性疾患や生活習慣病、ガンなど、ほとんどの病気がこのオメガ6系のリノール酸から作られるエイコサノイドと深くかかわりあっています。

こういう風に見ていくと、リノール酸系(オメガ6)の植物油を摂り過ぎなければ、多くの病気が消失することがわかります。 もちろんオメガ6の油も必要ではあるのですが、現代社会では、オメガ6の食品が溢れかえっています。しかし、オメガ3の摂取源は一部に限られ、摂取量がかなり減少していると言えるでしょう。 このような状況下で、みなさんは、驚くほどにオメガ6(リノール酸)過多に陥っているかもしれません。

参考までに・・・ 〈食品可食部100g当たり脂肪酸組成表(mg)〉

ごま油         :リノール酸 42,022 リノレン酸 563 米ぬか油        :リノール酸 33,269 リノレン酸 1,273 サフラワー油      :リノール酸 72,274 リノレン酸 189 大豆油         :リノール酸 49,854 リノレン酸 7,473 サラダ油        :リノール酸 29,453 リノレン酸 9,346 トウモロコシ油     :リノール酸 47,319 リノレン酸 1,406 なたね油        :リノール酸 20,536 リノレン酸 10,174 綿実油         :リノール酸 53,543 リノレン酸 471

(アミノ酸&脂肪酸組成表より)

油の話は、知ると怖くなりますが、この摂り方を変えるだけで身体の体調はだいぶ変わります。 私もアレルギーの患者さんには、かならず油の摂り方についてのアドバイスをしますが、これによってアレルギー症状がかなり軽減しています。

ポイントは

「オメガ6をしっかりと控えて、オメガ3を積極的に摂取していくこと!」

です。

ちなみにオメガ3の油でお勧めは・・・

シソ油エゴマ油亜麻仁油グリーンナッツオイルなどです。

小菅 一憲

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#アレルギー #高血圧

Featured Posts