カルシウムたっぷりの野菜「小松菜」


今月は骨粗鬆症のお話だったので、カルシウムを豊富に含む「小松菜」についてお話ししたいと思います。

小松菜の原種の野菜は、元々 スカンジナビア にありヨーロッパ大陸を経て中国に渡った後、江戸時代初期に日本で栽培が始まったと言われています。

東京の江戸川区にある 小松川 で栽培されていたことから、この名称になったそうです。 現在でも小松菜は、関東を中心に栽培されています。

今ではハウス栽培が盛んに行われているため、1年中スーパーで見かけますよね。

でも アブラナ科 の野菜なので、かぶや白菜と同様の 冬〜春 が旬です。寒さにとても強い野菜なので、霜にあたると甘みが増て、葉もやわらかくなりとても美味しくなります。

小松菜の栄養

さて、気になる小松菜の栄養ですが・・・

カロテンビタミンB群ビタミンCビタミンEカルシウム

リン食物繊維 など

を豊富に含んでいます。

特にカルシウムに関しては、ほうれん草の3倍以上 含まれている為、骨粗鬆症の予防に効果的です。

さらに、骨の形成を促す ビタミンK や、造血作用に関わる 葉酸 も豊富に含まれています。また、骨を形成するコラーゲンの形成に欠かせないビタミンCの損失率が少ないのがうれしいところでもあります。

ちなみに、カルシウムの吸収を高める為には、たんぱく質 油脂 を含む食品を組み合わせるのがポイントです。魚介類や肉類、豆類と一緒に食べると良いでしょう。

例えば、ちりめんじゃこと合わせてお浸しにしてみたり、厚揚げと煮浸しにしてみたり、お肉と炒めたり・・・いろいろとお試し下さいね。

最後においしい小松菜の選び方のポイントをご紹介します。

葉の緑が濃く鮮やかで葉肉が分厚いもの

葉先までピンとしたみずみずしいもの

大ぶりのしっかりした株で、茎にハリとみずみずしさがあるもの

根がしっかりと長いもの

このようなものは、生育のよかった証しです。 以上のことを気にしながら、是非購入してみてはいかかでしょうか。

きっと美味しい小松菜に巡り会えると思いますよ。

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#栄養 #カルシウム

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA