新型コロナウイルスについて part1「風邪と肺炎」


地球儀とコロナウィルス|副腎疲労HP

みなさん、こんにちは! 【麻布十番駅から徒歩2分】 【国際基準のカイロプラクティック】 【カイロプラティカ】院長の小菅一憲(コスゲカズノリ)です。

さて、今日から数回に渡って「肺炎」と今回流行している「新型コロナウイルス」についてお話していきたいと思います。

以前に、免疫を高めるための栄養のお話はこちら↓

ウィルスに打ち勝つための免疫強化について|副腎疲労HP

ウィルスに打ち勝つための免疫強化について

April 8, 2020

写真をクリックしてください

通常「肺炎」というと、その名前のとおり「肺」に炎症が起こった状態 のことをいいます。 細菌やウイルスなどの病原体が肺に侵入し、その中で炎症を引き起こすものです。 実は、一般的な「風邪」とは、炎症が起きる場所が違うのです。

口から空気が通る道を「気道」と言いますが、喉は「気道」の上部にあたり「上気道」と呼ばれています。ここで炎症が起きるのが、いわゆる「風邪」です! 喉よりもっと奥の、空気しか通らない下部(気管から肺まで)を「下気道」と呼び、正常な人であれば、ここはさまざまな防御システムが備わっているので、細菌やウィルスの侵入は起こりません。 しかし、何からしらの原因があって、下気道まで細菌やウィルスが侵入すると肺胞や肺の壁に感染して炎症が起こります。 これが「肺炎」です。 このように普通の風邪では、ウイルスが侵入しても上気道止まりです。 大抵のケースでは、喉や鼻の炎症で終わります。 では、新型コロナウイルスによって肺炎が起こるのはどういうことなのでしょう? 今日はここまでにしますね^^。 気になる「新型コロナウイルス」によってなぜ「肺炎」が起こるのか!? については次回お話します!

小菅 一憲

カイロプラティカ麻布十番|国際基準カイロプラクティック

当サロンは、どこに行っても良くならなかった症状で悩む方がたくさんご来院されています。

低血糖症

慢性疲労

食物アレルギー

リーキーガット症候群

甲状腺機能低下症

腹部膨満感

過敏性大腸炎

逆流性食道炎

うつ病

自閉症・発達障害

などなど・・・

こういった症状では、本当に長い間辛い思いをされている方が多いと思います。

カイロプラティカでは、みなさまに笑顔になってもらいたい一心で、

いつでも温かく親身な施術とカウンセリングを心がけております。

どんな症状でも一度ご相談くださいませ。

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

施術・カウンセリングのご予約

03−6809−6155

Web予約 は 左の写真をクリック

CHIROPRATICA|国際基準カイロプラクティック

住所: 〒106-0045 

    東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

営業: 火曜・水曜・木曜 10:00〜20:00(最終受付19:00)

    金曜       17:00〜20:00(最終受付19:00)

    土曜       10:00〜17:00(最終受付16:00)

定休: 日曜・月曜

#風邪予防風邪

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA