葉酸が不妊症に効果あり?!


ブロッコリー|副腎疲労HP

今回は「葉酸」についてお話しようと思います。

葉酸は ビタミンB群 のうちのひとつで、水溶性のビタミン です。 名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンで、ほうれん草の葉から発見されたそうです。

葉酸は 妊娠初期 に積極的に摂取したほうが良いと言われていますが、それは妊娠初期に胎児にできる大切な器官、心臓や肺、脳などを形成するのに必要だからです。

葉酸は 細胞分裂 DNA合成 に関わっており、細胞分裂を繰り返して急激に成長していく胎児にはとても重要なのです。

そのため妊娠中の女性は通常の2倍 の葉酸が必要とも言われています。

また葉酸は、神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防に効果があるので、妊娠してからではなく妊娠前 からも積極的に摂ることもポイントです。

その他、心臓病の予防、肺がん、子宮ガン、貧血の予防などにも良いと言われているので、日頃から摂るとよいかもしれませんね。

このように葉酸は妊娠初期にとても大切ですが、不妊症 にも効果があることがわかっております。 不妊症の夫婦に葉酸を摂取してもらったところ、妊娠率がアップしたそうです。もちろん必ず妊娠するとは言い切れませんが、葉酸には女性の卵子を正常化したり、精子の数や運動量を上げるという事が立証されています。

また葉酸だけを摂っても効果が十分に発揮できるとは限らないので、

ビタミンB6B12ビタミンC etc・・・

と一緒に摂ることをおすすめ致します。

食べ物では、緑黄色野菜の ブロッコリー ほうれん草 菜の花 にんにくの茎などに含まれ、その他レバーやうなぎ、大豆などにも含まれているので積極的に取り入れてみるてくださいね。ちなみに、葉酸は水に溶けやすいのでお野菜で摂る場合は で食べる方が良いでしょう。

なかなか食事では難しい!

という方は、サプリメントでの摂取もお勧めですよ。

葉酸のサプリメントの選び方ですが、「Folic Acid」は合成された葉酸のため、人によって代謝が出来ない場合があるので、天然の「Folate」の方を摂るようにしましょう。

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#栄養

Featured Posts