これは怖い!甘いものにはほとんど入っている?!「ブドウ糖果糖液糖」


今日は、「ブドウ糖果糖液糖」のお話をしようと思います。

皆さま、聞いたことがありますか? 

おそらくほとんどの人は、知らないうちに一度は口にしていると思います。

なぜなら、お砂糖の代わりに使われている代表的な食物添加物だからです。

(スーパーやコンビニにある食品の原材料名をみてください。ほとんど入っていますよ!!)

ブドウ糖果糖液糖は、トウモロコシやじゃがいもなどの安いデンプンを酵素又は酸で処理したもので、

「異性化糖」とも呼ばれています。

デンプンはブドウ糖から構成されていますが、ブドウ糖をより甘みの強い果糖に異姓化させることによって、より甘みを強めているのです。

通常では、清涼飲料水お菓子加工食品等に使用されています。

通常500mlのペットボトルには、60ml以上のブドウ糖果糖液糖が入っており、1割以上が糖分なのです。これをお砂糖に換算すると約50g(3gのスティックシュガー約17本分)にもなります。

なぜそこまで使用されるのかと言うと、ブドウ糖果糖液糖は、通常のお砂糖よりも低温で甘く感じるので、清涼飲料水と相性が良いのです。

しかも、清涼飲料水にお砂糖を使用すると一度溶かさないといけませんが、ブドウ糖果糖液糖を使用すれば、製造過程で手間をはぶくことができお砂糖よりも安価に使用出来るのです。

一見よさそうですよね。。。

実は、大間違い!!

ブドウ糖果糖液糖は血糖値を急激に上げてしまう問題があります。

お砂糖も血糖値を上げると言われていますが、体内でブドウ糖と果糖に分かれてから吸収されていきます。 しかし、ブドウ糖果糖液糖の場合は、最初からブドウ糖と果糖に分かれているため、摂取すると急激に血糖値を上げてしまうのです。

血糖値の急激な上昇は糖尿病の引き金になることはもちろん、子供の頃から摂取していると将来

糖尿病だけでなく味覚異常にもなると言われています。

人工の物をずっと口にしているわけですから、味覚がおかしくなるのもなんだかわかる気がします。

他には、高血圧アレルギー痛風心臓や肝臓の病気にもなることもあります。

さらにはブドウ糖果糖液糖は、とっても高カロリー

500mlのペットボトル1本で約200kalにもなり、ポテトチップ1袋の約半分のカロリー量と言われています。

お菓子やジュースを飲むだけで、1日のカロリーの大半をあっという間に摂取してしまうのです。 その結果、子供の頃から摂取していると将来肥満へもつながります。

一見見逃してしまいそうな「ブドウ糖果糖液糖」。 買い物をする際には、原材料名の所をチェックしてみてくださいね。

小菅美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#糖尿病 #アレルギー #高血圧

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA