酷使している目の栄養に☆ルテイン

みなさんこんにちは!

今日は、「目の健康」 についてのお話です。

人間の体の中で、目は、唯一 外に露出している臓器 です。

まぶたを開けている間、目は休むことなく働き続けています。

皆さんは、紫外線を含む 日光や蛍光灯 、スマートフォン、テレビ、パソコンなどで、目を酷使していませんか?

これらのものから発生する 青色光(ブルーライト)などは、

目の疲れの原因でもある 活性酸素 を過剰に発生させる原因となります。

この青色の光は、光の中でも 特に力の強い光 と言われいます。

そして、黄斑部にある脂質を酸化 させ、 視力を低下 させます。

目の細胞に与えるダメージもとても強いため、現代人の目は常にダメージを受けています。

欧米では、成人失明原因の第一位がこの 加齢性黄斑変性症 によるものです。

加齢性黄斑変性症とは、加齢とともに黄斑部の働きに異常が起こり、

視力が低下する病気 です。日本では、高齢者が失明する原因の一つです。

代表的な症状は、物体の大きさ、色彩などが違って見えたり、さらには、物が動いたり曲がったりするように見えるというものです。

黄斑部や水晶体に存在している ルテイン は、光の中でも目に有害な青色光を吸

するとともに、抗酸化作用を発揮して黄斑部の酸化を防ぎ

ブルーライトをブロックする働きがあります。

黄斑変性症の予防やその症状緩和に 「ルテイン」が用いられることがあります。

また近視や乱視を含め、目の病気は 活性酸素による光老化が原因 と考えられています。

加齢黄斑変性症だけでなく、白内障も水晶体内のタンパク質が老化とともに少しずつ白濁するためといわれています。

ルテインは白内障にも効果があるとみられています。

体内では、同じカロテノイドの仲間であるゼアキサンチンと共に、網膜の中の黄斑部に多く存在し、

黄斑の健康を保っている物質です。

同じく目の健康に良い、ブルーベリーとは働きや特徴が異なりますので、両方摂ると良いでしょう。

ルテインは、カロテノイドの一種で、体内で作ることができない為カロテノイドを含む食品から摂取することが必要です。

ルテインは、ほうれん草、ケール、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄食野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに、必要な色素です。

黄斑部のルテインは 加齢とともに減少 していきますので、目を守るために、

どれだけブルーライトを浴びないか?ということに尽きますが、

スマホなどを使う時間を少し減らすなど、できる範囲で予防したいものですね。

大西千恵

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#疲労回復

Featured Posts