毎日摂ろう!MSM(メチルスフォニルメタン)


メチルスルフォニルメタンは自然界に存在する天然の 硫黄化合物 で、頭文字をとって「MSM」と呼ばれます。実は、硫黄は体内のミネラルの中で3番目に多く、人間の身体には必要不可欠なミネラルとも言えます。

20年程前からアメリカでは注目されており、炎症を抑える作用や鎮痛作用については医薬品にも劣らないと言われ多く使われているそうです。

MSMは骨や細胞組織に必要なコラーゲンを保つ作用があり、現在では体のふしぶしの違和感や痛みなどで使われているのがほとんどです。

膝や股関節の軟骨組織と周囲の組織に変性が起こる 変形性関節症 や、関節の滑膜細胞が増殖してしまい、骨や軟骨の破壊を伴った関節炎を起こす自己免疫疾患の 関節リウマチ にもMSMは効果があるとも言われています。

硫黄性分を含む「温泉」は、腰痛や膝の痛みに効果があると聞いたことはありませんか?

効果は緩やかですが、まさしくこのことなんです。

膝や関節の痛み以外の効果とは?

現在ではほとんどが、関節痛などの痛みで使われていますが、それだけではありません。

例えば、MSMに含まれる硫黄は人の体内のたんぱく質に含まれるミネラルで皮膚や髪・爪の形成の過程でも働いているので、爪や毛髪を強化 してくれます。

他には、運動後に体内に溜まった乳酸を排泄してくれる働きがあるので、運動後の 筋肉疲労の回復 を促進してくれたり、筋肉痛や片頭痛にも効果があると言われています。

と、ここまではなんとなく納得できますよね。

でもまだまだMSMの働きはあるんですよ。

いろいろと調べていくうちに、もしかして私にも必要なのかも?!と思った作用が アレルギー症状にも有効だったことです。MSMには細胞膜の水分透過性を高める作用があり、体内に入った異物をこの作用によって排泄してくれるのです。

直感は当たるもので、カイロプラクティックの検査でこのサプリメントが必要か検査したところ、まさしく私には必要でした!

(もしかしたら、膝の痛みもあったのでそもそも必要だったのかもしれませんが・・・)

他には、血糖コントロールにも関わっていて 糖尿病 にも有効だったり、天然キレート作用による水銀などの 重金属の排泄・解毒 の手助けをしたり、緑内障 などの眼圧低下を改善、カンジダ菌症 便秘下痢 LGS の改善、炭水化物の代謝 改善、傷口の治り を早める、アスピリンなどの薬剤による 胃痛 の改善、、、などいろいろと有効であることがわかっています。

また、硫黄は玉ねぎやニンニク、ニラ、大根、ネギなどの野菜や果物、肉、魚、茶、卵など様々な食材に含まれているのですが、最近ではこれらの食材の摂取量が低下していたり、硫黄を消化分解できず体内への吸収が低下してきている人が増えてきているそうです。

自分がどの程度吸収できているのかわからないと思うので、もし上記に当てはまるものがあればMSM不足と考えても良いでしょう。

(私もまさか自分が必要だと思っていませんでした)

ただし、硫黄に不耐症がある方は注意しましょう。

サプリメントを使用したい方は、一度相談してからにしてくださいね。

小菅美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#膝足の痛み #腰痛

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA