妊娠するために心がけたこと①食事で生野菜を食べる時期を気をつける!


籠に入っている野菜|副腎疲労HP

みなさん、こんにちは。

小菅美保です。

以前にもお話ししましたが、40歳で自然に子どもを授かることができたのですが、何もやっていなかったわけではありません。

そこで今回から8回にわたって、妊娠前に私が実行していたことをお話ししていきたいと思います。

子どもが欲しい!という方は是非参考にして頂けたら嬉しいです。

妊娠した時の気持ちを書いたブログはこちら↓↓

手の平にお花が咲いた卵を乗せている|副腎疲労HP

40歳で初めて妊娠した時の気持ち

April 2, 2020

写真をクリックしてください

私は健康のために毎日の食事に、必ず 生野菜 のサラダを食べていました。

身体のためにと思って食べていたのですが、以前ブログでお話したDr.ポルテリによると・・・

生野菜は女性の膣から精子を流してしまう

と教えて頂きました。

理由は、生野菜には カリウム が含まれており、カリウムが精子を流してしまうのでそれが

不妊の原因になってしまうそうです。 もちろんカリウムは大切なミネラルなので、生野菜を摂ってはだめということではありません。ある期間だけ避ければ良いのです。

ではどの期間に生野菜を避けた方が良いかというと、排卵日の1週間前から10日間が生野菜NGの期間になります。わかりやすく言うと「排卵日の1週間前〜排卵後3日間」です。

私は生理周期が28〜31日だったので、排卵日のおおよその日にちを計算して避けるようにしていました。でもその10日間以外は生野菜を食べても問題ないので、あまり神経質になりすぎないで下さいね。

温野菜 にしたり スープ にしたり、 炒めたり・・・と、いろいろと調理法はありますので野菜を沢山食べたいときは一工夫してみるとよいと思います。

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|国際基準カイロプラクティック

当院は、どこに行っても良くならなかった症状で悩む方がたくさんご来院されています。

低血糖症

慢性疲労

食物アレルギー

リーキーガット症候群

甲状腺機能低下症

腹部膨満感

過敏性大腸炎

逆流性食道炎

うつ病

不妊症

自閉症・発達障害

などなど・・・

こういった症状では、本当に長い間辛い思いをされている方が多いと思います。

カイロプラティカでは、みなさまに笑顔になってもらいたい一心で、

いつでも温かく親身な施術とカウンセリングを心がけております。

どんな症状でも一度ご相談くださいませ。

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

施術・カウンセリングのご予約

03−6809−6155

Web予約 は 左の写真をクリック

CHIROPRATICA|国際基準カイロプラクティック

住所: 〒106-0045 

    東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

営業: 火曜・水曜・木曜 10:00〜20:00(最終受付19:00)

    金曜       13:00〜20:00(最終受付19:00)

    土曜       10:00〜18:00(最終受付17:00)

定休: 日曜・月曜

妊娠するために心がけたこと【1】|食事で生野菜を食べる時期を気をつける!

#マタニティー

関連記事

すべて表示
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA