ストレスがかかった時の身体のシステムとは!?

June 14, 2015

 

 

よくストレスを受けると、胃酸が過多になり、胃壁が破壊されて

 

 

胃炎 胃潰瘍 になる!

 

 

 

と言われていますよね。

たしかにストレスを受けると胃のシステムは崩れやすいとも言えます。

胃液の分泌や胃の運動は、自律神経 に深く関係していて、その人の精神状態によって大きく左右されます。

 

 

 

たとえば、怒りや悲しみ、心配、ストレスなどがあるときは、胃液の分泌量が極端に減少します。

すると消化機能が落ち、内容物が通常より長時間にわたって胃の中に停滞し、「胃がもたれる」ということになるのです。また胃を保護する粘膜の分泌が減ることもあるので、塩酸によって胃が傷つくことも想像できますね。

 

 

ではよく言われている胃酸過多になるというのは本当なのでしょうか?