腸の病気と栄養のセミナーに行ってきました!


こんにちは。 新緑が眩しくて美しい季節ですね。 一気に気温が上がっておりますが、いかがお過ごしですか。

初めまして。 4月から毎週水曜日に受付のお手伝いをさせていただくことになりました、大西と申します。 どうぞよろしくお願いいたします。 私は、原因不明のアレルギーや婦人科疾患に長年悩まされてきており カイロ治療を取り入れながら健康を取り戻しつつある一人で、日々健康の大切さを感じております。 年齢によっても身体が変化したり、ホルモンの影響を受けたりと、見た目には分からない不調を抱えておられる方もいらっしゃると思います。 みなさんがそれぞれに思い描く健康な生活に近づける様に少しでもお役に立てられたらと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。 さて、先日は院長が務める「知っ得ゼミナール」のセミナー講師の同行をして参りました。 笹塚クリニック主催の「知っ得ゼミナール」は、横浜で開催されており、院長が年3回程度講師をしています。

今回のテーマは、、、 「の病気と栄養」です。

最近、健康番組でも腸内フローラや、善玉菌、悪玉菌という言葉をよく耳にしますし、 スーパーでは機能別の食品を何種類も見かけますね。 今回のセミナーの内容をここで少しご紹介したいと思います。 まず、腸の役割についてですが、みなさんどんなことが思い浮かびますか? 口から入った食べ物は、最初に胃で消化されます。 そして胃で消化された栄養素は、腸で再吸収して、残ったカスは腸内細菌の働きでさらに分解されて便として排泄されます。 腸内細菌がしっかり働いてくれると、吸収と排泄の機能がうまく働く訳ですね。

腸内細菌は、食生活やストレス、不規則な生活、気候や温度、薬物など生活環境により日々変化します。また腸内細菌も人それぞれ違いますし、年齢によっても変化しています。 腸内細菌がバランスを崩すと、便秘や下痢、免疫低下、肌荒れなど様々な不調を引き起こします。 ということで、腸の健康を保つ秘訣は、腸内環境を整えること!です。 そして、ナント、腸は第二の脳!!です。

セロトニンという、精神を安定させる神経伝達物質の95%が腸で作られているといわれています。

(マイケル・D・ガーション博士による) また、腸だけが、脳や脊髄からの指令がなくても反応を起こさせる神経系を持つともいわれ、腸も脳の一部としての機能があり、脳に次ぐ多くの神経細胞を持っているのです。 そして私たちの免疫細胞の6割がこの腸に宿っているのです。

言われてみれば、お腹の調子が安定していると、気分も安定しているような気がします。

腸内細菌がしっかり働いてくれるように、規則正しい生活と睡眠を心がけて、食物繊維を摂取しながら腸内細菌のバランスを取れる腸内環境を作ってあげたいな、と思います。 日本人の慢性的な便秘や大腸の病気は、1950年代に比較すると5~6倍に増えているそうです。

食事が欧米化してお肉や脂質が増えたことも原因の一つと考えられていますが、やはり一番は精製された炭水化物が増えたことで食物繊維の摂取量が極端に減ったことにあります。

今の生活を一気に変えることは難しいけれど、少しずつできることからやっていって、理想の生活に近づけたらとつくづく思います。 人体のメカニズムって本当に素晴らしい、と知るほどに毎回感動します。 また、「どんな高機能のサプリメントを飲んでも、良い栄

養素を取っても、腸でしっかり吸収できなければ、飲

んでも効果が薄れてしまいますよ」との院長の言葉が印象的でした。

腸は、私たちの身体を構成する細胞が生きていくためのエネルギー源となる栄養を吸収していく大切な臓器です。

また ウィルスや細菌と戦う私たちの免疫の最前

とも言えるでしょう。

言い換えれば「腸」がしっかりと機能していなければ、私たちは元気に活動できないということになります。今回、セミナーに同行して改めて詳しい話を聞くことで、最善の健康を維持していくための「腸」の大切さを再確認することができました。

カイロプラティカでも、

「腸」は一番と言っても良いほど大事な内臓

考えています。

副腎疲労を治していくときにも「まず腸から!」

院長がいつも言っています。

治療部屋からも「腸」の話はよく聞こえてきます。笑。

皆さんも是非、お腹を大事にしてあげてくださいね。

さて、次回の知っ得ゼミナールでの院長の公演は9月4日(月)を予定しています。

次回のテーマは「脳の健康と病気」。

こちらも注目です。

また、カイロプラティカで行うセミナー(勉強会)なども今後開催することがあれば随時お知らせしていきますね。

お楽しみに〜

大西 千恵

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA