ビタミンCがトップクラス「菜の花」


今回は「菜の花」お話をしたいと思います。

菜の花は、地中海沿岸や中央アジア、北ヨーロッパなどを原産とするアブラナ科の緑黄色野菜で、とても栄養価の高い野菜です。

今では年中出回っていますが、旬は12月〜3月 の冬から早春にかけてです。

菜の花の栄養成分は・・・

カロテン、ビタミンB1、B2、C、葉酸、カルシウム、カリウム、鉄等のミネラル類

などを豊富に含んでいて、特に ビタミンC の含有量は野菜の中でもトップクラス!

カロテンやビタミンCは、免疫力を高めてくれるので 予防や 風邪 予防に効果がある他、お肌 にも良いので女性には嬉しい野菜なのです^^ 体内の塩分バランスを保つカリウムも豊富に含まれているので 高血圧 の予防にもなります。その他鉄分を含むので 貧血 気味の方は、是非是非積極的に食べるとよいでしょう。

また菜の花の調理のポイントとしては、ビタミンCは 水溶性 なので水に茹で過ぎたり、さらし過ぎないことです。 油脂と一緒に食べるとカロテンの吸収が高まるので、油で手早く炒めて食べるとよいでしょう。

我が家ではパスタに混ぜて食べることが多いです。

その他、和え物や煮浸し、お吸い物に入れたりといろいろなバリエーションで活躍出来ると思いますよ。

最後に保存方法ですが、その日のうちに食べないものは、湿らせた新聞紙などに包んで冷蔵庫に保管すれば2〜3日は日持ちします。ただし、黄色の花が咲き始めてしまうと味が落ちでしまうので、出来るだけ新鮮なうちに食べるのがお勧めです。

すぐに食べない時は、さっと茹でたものをラップに包んで冷凍庫保存すると良いでしょう。

よく海に行く時に見かける菜の花ですが、実はこんなにたっぷりの栄養を含んでいるのですね。 みなさんも是非今晩のおかずにいかがですか?

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック

#高血圧 #カルシウム #貧血 #風邪予防風邪

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA