腸内細菌の果たす大きな役割


男性がミカンを両手に挟んでいる|副腎疲労HP

ヒトの大腸には、どのぐらいの菌が存在しているかご存じですか?

その数はなんと 500種類 約100兆個

これらを顕微鏡で見ると、まるでお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれており、この腸内フローラは一人ひとり異なっています。

腸の健康を保つ秘訣は、腸内環境を最適な状態にすること。

そのためには、もともとその人に棲んでいる善玉菌を活かして、腸内フローラをその人にとって最適な状態にすることが大切なのです。

腸内環境は、加齢 ストレス 、乱れた 食生活 によって悪化します。

善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまうことが主な原因ですが、このような腸内バランスの乱れが便秘や下痢、肌荒れ、免疫力低下など、さまざまな不調を引き起こす原因になっているのです。

腸内細菌の種類

私たちは無菌室で暮らさない限り、細菌と無縁ではいられません。 息をしても、食べ物を食べても、空気中に漂う無数の細菌を体内に入れています。

その入り口である口内は、細菌のたまり場。 唾液1ml中に棲息する細菌の数は、1000万個 とも言われています。

それらの細菌は食物と混じり合い、食道を通過して胃に送られます。胃では、食物を消化するために胃液が出ます。 これは非常に強い酸です。

その酸にやられて、唾液1ml中に1000万個もいた細菌は、1000個 程度まで減ります。胃は、食物にまぎれて体内に侵入しようとする細菌を撃退する第一の「関所」。ここをくぐり抜けて小腸にたどりつく細菌は、ほんのわずかです。

小腸上部でも、さらに食物を消化するために、強いアルカリ性の胆汁などが分泌され、そこでまた細菌は減少します。しかし、そこも耐えた細菌は 大腸 に移り、今度は爆発的に数を増やして元気を取り戻します。 その理由は、大腸は細菌にとって非常にすみやすい環境だからです。大腸の主な仕事は、水分の吸収なので、動きがゆったりとしています。

また食物の中には、消化しきれてないたんぱく質や脂肪も含まれ、細菌の格好のエサになっているのです。

そしてこの流れの結果が大腸に棲む500種類 100兆 を超す細菌の数になるわけなのですね。

さてでは、いわば病原菌の宝庫のような場所を体内に持ちながら、私たちはなぜ病気にならずにすむのでしょうか。

それは腸内存在する 乳酸菌 ビフィズス菌 などの善玉菌が、防波堤になって悪玉菌と闘ってくれているからです。

腸内にすむ細菌の数は、ほぼ一定に保たれています。 大人の腸内細菌のバランスは、かなり個人差がありますが、おおよそ日和見菌が全体の約70%、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ約15%、善玉菌のほうがやや優勢だと、悪玉菌が暴れず、よい腸内環境が守られます。

健康を保つうえで大きなバックアップをしてくれているのが、私たちの腸内にすんでいる善玉菌。 そしてその代表としておなじみなのが、ビフィズス菌などの乳酸菌の仲間です。

ビフィズス菌や乳酸菌、腸球菌といった乳酸菌群は糖を発酵させて乳酸や酢酸をつくって腸内を酸性に保ち、外から侵入してきた有害な菌や悪玉菌の繁殖を抑えて感染を防いでくれます。

多くの菌は、pH5以下の酸性の場所では生きられないからです。また免疫細胞を刺激する物質を出して、腸内での腐敗も抑え、免疫力を高める働きもしてくれています。

その他、ビタミンB群やビタミンKの合成にかかわったり、腸の蠕動運動を促して便秘を解消したりと大活躍なんです。また悪玉菌によって作られたニトロソアミンなどの発ガン物質を吸着、分解する事もわかってきています。

善玉菌と悪玉菌がうまく「すみ分け」をしてくれれば問題ないのですが、どちらの菌も、常に自分の領地を拡大しようとたくらみ戦闘を繰り返しています。

一般的に ・・・

善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増える

のですね。

もし、悪玉菌が増えてしてしまうと、不安定で病気の多い体になります。

それなら悪玉菌がなくなればいいと思う人もいるでしょう。 しかし、悪玉菌がまったく必要ないかといえば、そうではありません。悪玉菌という名が便宜上つけられてはいますが、悪玉菌の代表である大腸菌も実は消化を助けたり、ビタミンを合成したりと有用な面もあるのです。 それに悪玉菌がいなければ善玉菌も働きませんし、もし大腸菌をすべて排除したら、下痢などの悪影響を体に及ぼします。 ただ体調を崩して善玉菌である乳酸菌が少なくなると、大腸菌は必要以上に増えて有害物質を出すなどの悪さをするわけなのです。

つまりは、善玉菌悪玉菌とがバランスよく住んでいることが非常に大切なのですね。

お腹の調子と腸内細菌のバランス

現代人の生活は、腸内を悪化させやすい環境にあります。

年齢 でも腸内細菌のバランスに変動を与えますが、それ以外の要因でも腸内細菌のバランスが変わってきます。

飲酒 ストレス 、偏った 食生活 により、善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。

また 抗生物質 の投与などがあると、腸内細菌が減り、そのときにバランスの取れた食生活をしていなければ、善玉菌よりも悪玉菌が多い状態に変わってしまうのです。

若年者でも、食生活の偏りやストレスなどで、高齢者に近い腸内環境となりうると言えます。風邪や口内炎にかかっている人は、ビフィズス菌が減り、大腸菌や腸球菌が増えていますし、便秘や下痢の時にも同じ傾向を示しています。 抗生物質、ステロイドホルモン、免疫抑制剤、放射線治療などにより、病原性菌を増加させることが分かってきています。

なるべく、腸内環境を悪化させないようにしたいものですね。

またこの40年間の日本人の食生活の変化で変わったのは、食物繊維量や動物脂肪の摂取量だけではありません。 ある報告によると、乳酸菌の摂取量も大きく変化しているといわれます。 1960年代までには植物性乳酸菌として摂取していたものが1970年代以降に減少し、これに反して動物性乳酸菌の摂取量が増加しています。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌摂取量の摂取量のバランスは、1990年代では約1対1に、現在では

1対2にまでなっています。 乳酸菌とは乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して、乳酸をつくりだす菌のことで、乳酸発酵食品 に多く含まれているものです。 乳酸発酵食品といえばヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますが、漬け物や味噌などもその代表例です。 乳酸菌は生育される場所によって以下のように分解されます。

動物性乳酸菌・・・動物由来の牛乳や肉類に生育する。 植物性乳酸菌・・・植物由来の漬け物や果汁、穀類などに生育する。 腸管系乳酸菌・・・人や動物の腸内に棲む。

一般には、主にヨーグルトやチーズのように乳(動物性のもの)に生育する乳酸菌を動物性乳酸菌というのに対して、主に漬物や味噌、醤油、酒などの発酵食品に多く生育するのが植物性乳酸菌です。 人間の腸由来の乳酸菌ももちろんいます。人にはヒトの乳酸菌などと言われたりしますよね^^。

フェリカス菌 という菌が有名でしょうか。

植物性乳酸菌は野菜や米、豆などの植物素材が発酵するところに生育し、植物に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖など、植物ごとに異なるいろいろな糖をエネルギー源にしています。さらに動物性乳酸菌に比べて、植物性乳酸菌は、酸やアルカリ、温度変化に強く、過敏な環境条件でも生き続けることができるので、胃で死滅することなく、生きたまま腸に届きやすいことがわかっています。

野菜を発酵させた食品を食べれば、この乳酸菌とともに食物繊維を一緒に摂取することになり、低脂肪・低カロリーなので一石二鳥です。植物性乳酸菌を多く含む代表的な食材は、ぬか漬、しば漬け、野沢菜漬け、味噌、甘酒、キムチ、ザーサイ、サワーブレッドなどです。

日本人の好きなぬか漬けや白菜漬けなどを毎日食べることができれば良いのですが、昔に比べればこれらの摂取量が減少してきています。

大腸のテーマの最初に述べた 食物繊維の不足 に加えて、乳酸菌の摂取量が減る につれて、大腸がんや炎症性腸疾患(難治性である潰瘍性大腸炎、クローン病)にかかる人が増えています。

実は生命力の強い植物性乳酸菌が、日本人の腸を守ってきたのかもしれませんね。 なにはともあれ・・・食生活の変化だけでここまでなるというのは、いかに食事が大事かということを思い知らされます。

小菅 一憲

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック


Featured Posts