身体を冷やす野菜と温める野菜


キュウリやトマトなどのサラダ|副腎疲労HP

今日は、身体を「冷やす野菜」「温める野菜」のお話をしたいと思います。

みなさんご存知でしょうか?

野菜には、身体を冷やしてしまう野菜と温めてくれる野菜、そしてその中間のものがあることを。

身体を冷やす野菜には、夏場の 水分の多いもの に多く、きゅうりやレタス、トマトやセロリ等があります。

サラダで生野菜を沢山摂る人がいますが、冷え性の人は食べ過ぎに注意が必要です。どうしても身体を冷やすような野菜を食べたい場合は、加熱調理をしたり、温める調味料(生姜やとうがらし、こしょう等)と一緒に料理すると良いでしょう。

また、カリウム を多く含む野菜は身体を冷やすとも言われています。

カリウムは利尿作用が強いため、尿を出すことで身体を冷やしてしまうのです。

一方で身体を温める野菜は、根菜類や赤や黒などの暖色系のものに多く、カボチャや人参、ゴボウ、生姜等があります。夏場の水分の多いものとは逆で、水分が少なくて硬いもの が多いのが特徴です。

地面の下で埋もれて育つ野菜は、エネルギーを蓄えるので体を温める性質を持っています。温野菜などにして積極的に食べると良いでしょう。

わかりやすい考え方として・・・

北方の 寒い地方で穫れた野菜は体を温め

南方の 暑い地方で穫れた野菜は体を冷やす

ものが多いと言われています。

寒い地方に住む人は身体を温める食べ物を摂るように、暑い地方に住む人は身体を冷やす食べ物を摂るように自然とそのようになってきたのでしょうか。

もしくは神様が地域に合わせた食べ物を選んでくれているのかもしれませんね。

おもしろいものです。

野菜以外にも 白く精製されたもの は身体を冷やす傾向にあります。

例えば、小麦粉や白砂糖、化学調味料などがあります。その他にはコーヒー、牛乳、緑茶なども身体を冷やします。温かくして飲めば大丈夫!と思ってしまいそうですが、実はそうではありません。一時的には身体を温めますが、結果的には身体を冷やしてしまうのです。

お茶類では、紅茶やほうじ茶のような 発酵茶 が身体を温めやすい飲み物です。紅茶に生姜を入れたら、本当に身体の芯から温まりますよ。

もちろん食事ではバランスもとても大切です。

ただ身体を温める食べ物ばかりを食べるのではなくて、冷やす食べ物を食べる時は温める食べ物と組み合わせるなどして、偏らないようにしてくださいね。

食事は、なんでもほどほどにするのも大切なことだと私は思っています。

小菅 美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック


Featured Posts