夏バテには「ビタミンB2」がおすすめ!


ビタミンB2は「水溶性ビタミン」でリボフラビンとも言われており、エネルギーの代謝に使われたり、皮膚や粘膜にも働いていて、身体にはとても必要不可欠なビタミンなのです。

私が薬剤師として薬局で働いていた時は、ほとんどの方が皮膚科からニキビに処方されていたり、口内炎や口角炎で処方されていました。

"エネルギーの代謝に必要"ということは頭の片隅にありましたが、正直言うとニキビや口内炎以外の使い方がよくわかっていなかったです(汗)

でもとっても人の体に大切な「ビタミンB2」

ビタミンB2は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わっており、それぞれが体内でエネルギーに変換するときに補酵素として働きます。

特に脂質の代謝に関わっているので、脂肪の多い食事をした時や、激しい運動をする人、体力を使う人などは必要量が増えるのでしっかりと補給した方が良いでしょう。

常に疲れているな・・・と感じている方はもしかしたらビタミンB2不足かもしれません。

不足すると皮膚や粘膜にトラブルが現れることが多く、ニキビ、肌荒れ舌炎や口内炎、胃や肛門などの粘膜がただれたり、結膜炎や目が充血することもあります。光が眩しく感じる時も、ビタミンB2の可能性があります。

また「発育のビタミン」とも言われていて、子供の場合不足すると成長障害が起こることもあるので、不足しないよう心がけるようにしましょう。

他にも、グルタチオン・ペルオキシダーゼという酵素と一緒に働いて、老化やガンの原因となる過酸化脂質を分解する働きもあるので、過酸化脂質の生成を抑えてくれるビタミンEと一緒に摂ると抗酸化作用がアップします。

本当に色々な作用があるのです。

ビタミンB2を含む食べ物

ではどのような食べ物に含まれているかご紹介したいと思います。

肉や魚などの動物性食品に多く含まれており、特にうなぎやドジョウ、レバー、キャビアなどに多く含まれています。

植物性食品では藻類の海苔などに含まれていますが、1回の食事でそこまで摂れないため、大豆製品の納豆が比較的摂取しやすい食品です。その他、緑黄色野菜や卵、キノコ類やアーモンドなどにも含まれています。

ただしアレルギーのある方は注意が必要です。

また摂取するときは同じものに偏るのではなく、万遍なく食べるようにしましょう。

卵で摂取する場合、購入する際にはスーパーで安売りをしているものではなく、”平飼いの卵”を購入するのをお勧めします。安売りしている卵は、餌に抗生剤やホルモン剤を混ぜているのがほとんどなので、自然に育てた鶏の卵を探してみてくださいね。

いかがでしたか。

実はとても大切なビタミンB2。ビタミンB2は水溶性なので沢山摂取しても過剰症の心配がありません。

日々の活動量が特に多い方は、毎日の食卓に取り入れてみると良いでしょう。

サプリメントでの摂取もオススメしております。

気になる方はご相談くださいね。

小菅美保

カイロプラティカ麻布十番|副腎疲労専門カイロプラクティック


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Categorie
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
関連記事|この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

©2017 by CHIROPRATICA